歴史と由来

高崎だるまとは?

高崎だるま ~七転び八起き 開運・福だるまの200年~
群馬県高崎市豊岡・八幡地域を中心に、張り子のだるまづくりが始まったのは、今から200年以上も前のこと。
眉毛は鶴、鼻から口ヒゲは亀。
縁起の良い二つの動物をお顔に表現した高崎だるま。
別名「福だるま」「縁起だるま」とも呼ばれています。
上州(群馬県)は昔から、養蚕が盛んな地域。
蚕は繭を作るまでに4回脱皮しますが、蚕が古い殻を割って出てくることを「起きる」といいます。
その言葉にかけて、養蚕農家では七転び八起きのだるまを大切な守り神として、奉り続けてきたのです。
また、上州は昔から、だるまづくりにとても適した土地と言われてきました。
紙を張る、色を塗る・・・ そんな一つひとつの行程の中で、上州名物からっ風と乾いた空気が、大きな威力を発揮するのです。
まさに、高崎だるまは、職人の技と上州の風土が生み出した芸術作品といえるでしょう。
年間約90万個のだるまを出荷し、その数は全国の張り子だるまの大多数を占めると言われる高崎だるま。
今日も多くの職人たちが、人々に幸せをもたらす福だるまを、一つひとつ心を込めて作り続けています。

高崎だるまの歴史

高崎だるまは、歴史の流れとともに、その姿を様々に変えてきました。
その元となったのは、少林山達磨寺で福縁を招く縁起物として、正月に配っていた達磨札。
開山心越全師が一筆書きで、同寺の本尊である達磨大師を描いたありがたいお札です。
初代の高崎だるまは、その絵柄を忠実に表した坐禅だるま。
頭と胴の間がくびれ、人間に近い形をしているのが特徴です。
その後、養蚕の発達とともに、繭の形に似た縦長の繭型だるまに移行。
養蚕農家の守り神として崇められるようになりました。
その後、徐々に起き上がりやすいよう、全体に丸みを帯びた形に変わり、
明治のはじめ頃には、丸くてずんぐりとした現在のだるまが生まれました。
そして形の変化にともない、農家だけでなく一般の人たちの間にも、だるま人気は広まっていったのです。